ARIMOTO DESIGN WORKSARIMOTO DESIGN WORKS
HOMEHOME
MISSIONMISSION
OUR JOBOUR JOB
WORKSWORKS
FLOWFLOW
OUTLINEOUTLINE
CONTACTCONTACT
  
滋賀県草津市の一級建築士事務所。店舗・テナントビルのデザインから設計施工まで。
ARIMOTO.Blog

 

『的を狙い矢を放て』

PROJCT
SHIGARAKI_VILLAGE #02


正解なんて無いんだよ!
※ちょっと偉そう(笑)
不完全でいいから、まずは1本矢を放とう。
それが、基準点となるから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
建物を建てるうえで必要不可欠な3つの条件をご存じだろうか?

土地、施主、デザイナー、少なくともこの3つがそろわないと物事(デザイン)が進まないのだ。
今回の場合、クライアントが建物を建てて貸し出すので、借りて事業をされる方が決まっていない状況では、カフェなのか宿泊し施設なのか全く方向性が見えない。。。。。(^^;)

五里霧中の一番の原因は『借主未定』からくるものであることがわかる。

この様な場合、仮想プランを計画してマーケットに(借主予備軍)リリースして反応を見るのがベストだ。リリースしても反応が取れないかもしれないが、それは、それでいい。
マーケットとが求めているのが、リリースした業種、事業形態では無いことが分かったわけだから、次に行けばいい。

建築するうえで大きな費用が必要なのは建設費だ。企画段階では何度も企画し直すことができる。建設費に比べたら企画にかかる費用は大した額ではないはずだ。
建築してしまうともう、変更は不可能だし企画、設計には力を入れて欲しいと思う。
まずは構えて矢を放つ、右にそれてると感じたら、体を左に向け、また、矢を放とう!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、矢を放つ為には『的』を決める必要があるわけだが、、、
どのあたりに的があるか知るのに『リサーチ』をしてみよう。

簡単なリサーチの仕方は下記の通りだ。

1.予定地の周囲を散策してみよう
周囲にどういった建物があるのか、人通りは?お店の客の入り具合は?
周囲に飲食店が多いといいうことは、そのマーケットが確実にそこにはあるはずである。
※マーケットがなければ、出店しても遅かれ早かれ廃業するはめになる。

2.市役所の商、観光課へ行き聞き取りしてみよう
役所は人口増加や過去と現在の推移を知っているし、今後の街の計画を把握しているのでアドバイスをくれるだろう。

3.サジェストキーワード取得ツールを活用してみよう
下記のツールを使いキーワードに対する『ニーズ』を洗い出すことができる
ニーズを知りそこにあるマーケットを知ろう

Keyword Tool
Google検索で関連する750以上のロングテールキーワードを数秒で提案ゲットできる。
スマホが普及した今では、行動と検索が連動しているのだ!ツールを活用しない手はないでしょう。

ちなみに今回の計画地『信楽』で検索をした結果が下記の通りだ

1.信楽焼
2.信楽 ランチ
3.信楽 カフェ 
4.信楽高校
5.信楽駅 
6.信楽 天気
7.信楽 陶芸
8.信楽学園
9.信楽学園
10.信楽高原鉄道
11.信楽中央病院
12.信楽 陶器市
13.信楽 そば
14.信楽 陶芸の森
15.信楽 イベント
16.信楽 たぬき
17.信楽 観光
18.信楽 アップカフェ
19.信楽 空き家

予想を裏切らず、信楽焼がNO1だった。。。やっぱりね(^^)

この調査で、結構、カフェ等にランチをしに行く人が多いことがわかる。
アップカフェが何なのかわからず検索したら『県立陶芸の森内(美術館含)』の中にあるカフェであることが分かった。
観光シーズン外でも信楽の『自然』『陶芸』『ランチ』を求めるマーケットがあり、それを生かした計画にした方が良さそうだ。 信楽の周囲を調査したが私がお洒落と思えるカフェは皆無であったし、地域の注目スポットを計画できるのではと思う。

陶芸クラフト工房、陶芸作家のショップを併設した自然を感じるハイセンスなカフェ。。での提案になりそうです(^^)

続く
by  ありもと まさお   Design x Idea x Marketing 
 
   


PROJECT_SHIGARAKI_VILLAGE
2017/08/02